校 歌

    神戸第一わが母校
              作詞  岸本 進
              作曲  深田 哲也

 1              3
ひらけて青き ちぬの海     高き理想の学び舎に
淡路の島も はるかなり     英知の光 あまねくて
六甲の山脈 嬉々として     明日の文化を 創らんと
スバルが丘に 陽が昇る     若き命の 血は燃ゆる
   Learning by Doing        Learning by Doing
   永遠にはばたけ         永遠にはばたけ 
   神戸第一 わが母校       神戸第一 わが母校
                   神戸第一 わが母校
 2
学びの庭に 集いくる
学徒の瞳 輝きて
夢と希望を 追い求め
青春の歌 高らかに
   Learning by Doing
   永遠にはばたけ 
   神戸第一 わが母校





校歌楽譜


校歌独唱



校歌独唱.mp3


練習用カラオケ



校歌練習用カラオケ.mp3



作詞にあたって  理事長 岸本 進

 先ず第一に、生徒が常に口ずさめるよう、平易な言葉を選び、わかりやすい歌詞を心がけた。
 恵まれた教育環境、青春時代に生きる生徒の躍動、未来へのあくなき意欲と情熱を軽快な七五調の調べで表現し、結びは学校の永遠の飛躍願って力強く締め括った。
 教職員・生徒一同は、校歌の底に流れる愛校心を理解し、一致協力、神戸で一番よい学校づくりに邁進してほしいものである。


作曲にあたって 音楽家教諭 深田 哲也

 曲の前半では、神戸の自然に対する敬意と感謝、そして生徒の夢と希望、創造性と英知を高める意を込めて、親しみやすいメロディラインを心がけた。後半はスクールモットーを生かし若人の力強い意気と情熱を高らかに歌いあげ、母校愛の醸成を願って作曲した。