気象警報による臨時休校の扱い

 午前7時現在、NHKまたはラジオ関西による放送において、神戸市に暴風・暴風雪・大雨・洪水・大雪のいずれかの警報が発令されているとき、学校は休校とする。
 また、神戸市に上記警報が発令されていなくとも、午前7時現在、居住地に上記警報が出ている生徒は、公欠扱いとし、登校しなくて良い。

 定期考査中に臨時休業となった場合、休校となった日の試験は、最終日の翌日以降に順次繰り越して実施する。
 尚、居住地に警報が出て、公欠となった生徒に対しては、再試験や見込み点等の配慮をする。

警報などは、神戸第一facebookから確認できます。